ここ数年は秋に日本に里帰りするのが恒例となっていましたが、今年は久しぶりに春の帰国が決定しました!

前回日本から帰ってきたのが初冬なので、まだ数ヶ月という短さでいろいろ計画しないといけないのは大変ですが、また日本♪楽しみです。

で、こちらも恒例となっている帰国の際のセール。
今回は1ヶ月前から受付を開始します!

対象商品はブロカント商品全品!
すべて表示価格より20%引きです。
もちろん通常通り、お支払い金額は送料込みのお値段です。

セール扱いでのご注文商品は、帰国の際手荷物として日本まで持ち込みますので
発送は4月23日以降、日本の運送会社からのお届けになります。

それに伴い、4月20日から5月23日まで通常の配送作業をお休みさせていただきますので
ご了承ください。

割引後の価格は受注メールにてご案内さし上げますので通常通りご注文ください。

なお、持ち込み荷物の重量が超える場合は期限に関係なくセール終了とさせていただきますので
あらかじめご理解のほどよろしくお願いいたします。

それでは本日よりセールのご注文、お待ちしております!!


こんにちは~
しばらくぶりのブログ。。。
ここ数週間スイスは急に春らしいお天気で、しかも晴天続き。
毎日気持ちよすぎて気がつけばあっと言う間に時間が過ぎてました(汗)

今年は来月日本に帰国することもあって、普段の季節行事+日本行きの用意と
Todoリストが山積みです。

この間のお休みには、無事冬越えをした植物たちの鉢替え&新しい植物の購入に
ガーデニングショップに行ってきました。

入り口付近にはたくさんのスイセン。
イースターを祝う花として、この時期あちこちで見かけます。

ほかにも、夏の間バルコニーやテラスを飾るベゴニアなどの小さなお花や野菜の苗なんかを
求める人たちで賑わってました。
こんな風景も春の景色ですね。

私たちは、以前育てていたクワズイモくんがいなくなったので新しい子をと探したのですが
まったく同じ種類のものが見つからず
大きい鉢は諦めて、このピンクベル(正式な名前がわからないのですが、、)を購入。

大好きなクリスマスローズと迷いましたが、開花時期を考えてこの子になりました。
あとは、小さめの観葉植物を。

我が家の植物たち、基本長い間楽しませてくれていますが、花が付きにくい。
今いるスパティフィラムにしても歴代の花付き植物にしても、開花するのは始めだけで
そのあとは緑一色の観葉植物と化しています。

日当りや温度が原因だとは思うのですが、このピンクベルちゃんは頑張っていただきたいものです。


先日、年明けに発送したソーイングボックスの再入荷分が日本に届きました。
在庫も少なくなってきていたのでうれしい知らせではあったのですが、同時に今回の荷物は負傷者が多くてとってもガッカリ。。。

梱包の時はいつも入念にチェックして想定できる限りの衝撃に耐えれるよう頑丈に梱包しているのですが
発送手続きをしてから届くまでの間は、どんな状況でどのように扱われてるか知ることが出来ません。

今までこんなに酷かったこともないので今回は本当に大きなショックでした。

どれもほんの一部、気づくか気づかないか程度のキズでご使用には差し支えありません。
写真で見てもわかりにくいほどのキズなのですが、やはり定価でお譲りするのは心苦しいので
ラージ3色を特別価格でご提供します。

当店の取り扱うソーイングボックスは手作業で製造されているため、大量に発注することができず
毎回少量づつの入荷になっています。

今回は5点送った中の3点が訳ありになってしまい残念な思いと
再入荷をお待ちいただいていた方に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
これからはこのようなことがないよう、再度念には念を入れて梱包、発送していこうと思います。

ご注文の際は掲載写真をご確認の上、ご理解いただけた方にお嫁入りさしていただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

ソーイングボックス一覧


今月は”寒くっても頑張ろう”の真っ赤なネイル。

真っ赤なネイルの人を見ると「あーかわいいなぁ」と毎回思うのですが
まずマニュキュアだとすぐ剥げちゃうし
ジェルだと微妙にいい感じの赤っていうのが難しい。。。

きれいな発色なんですがわたしの手にはイマイチかな。
もうちょっと濃いめの方が良かったかしら???


1月の始め、お客様からお問い合わせのメールをいただきました。
それは長年探されているドイツ製ケトルの当店での取り扱いの有無についてでした。

残念ながら当店での取り扱いはなかったのですが、メーカー名・写真も添付してくださっていたので調べたところ、こちらで入手できることがわかったのです。

お探しの商品が毎回簡単に見つかるとは限りませんが、これも何かのご縁と思い
お手伝いできるのであれば。。とご相談したところ、本当に喜んでくださって
今回特別にお取り引きさせていただくことになりました。

以前に雑誌でご覧になってから、今まで5年以上も探されていて
ドイツのお店にも問い合わせをしたけれど見つからなかったというお話を聞いて
お客様の喜びを察するとともに、そのお手伝いが出来て嬉しく思いました。

商品がわたしの手元に来て検品したのですが、ほんとうにかわいいケトルで
お客様の了承を得て写真をアップさせていただくことに。。。

ホーロー製のコロッとかわいいGEITHAINERのティーケトル。
Kさまに愛用されるべくただいま空の旅の途中です。

今回は特別なお取り引きでしたが、こんな風に楽しみに待っていてくれる人の元へ
雑貨たちをお嫁に出せるのは幸せなことだなぁと実感した出来事でした。


今週からスイスには寒波が来ていて、今まで暖かかった冬を取り戻そうとするかのような寒さに見舞われています[:ゆき:]

1週間を通して最高気温もずっとマイナス。
週末にかけては最低気温が-10℃を下回る予報[:ムニョムニョ:]

バルコニーの軒下には長ーいツララが根を張ってます。。。

今朝起きると一面雪景色。一日中雪が舞い踊ってます。

それでも、マーケットには春の象徴チューリップが出始めました。

チューリップを見かけると”春がもうすぐ”って感じがして思わず買っちゃうんですよね~。
外はどんより雪が舞っていますが、お家の中ではちょっと春気分[:桜:]


今まで最低100ポイントからご使用可能となっていた当店のポイントシステムが、10ポイントからご利用いただけるようになりました。

お買い物金額に応じて100円ごとに1ポイントが貯まり、次回以降のご注文時に10P=50円としてお使いいただけます。

ご使用期限の制限はありませんので、2回目以降のご注文のお客様はぜひご利用ください。

*ポイントシステムは当店の会員登録をしていただいたお客様のみになります。


去年から友人サンドラと”ハンドメイドのアクセサリー”ネタで盛り上がってて
一緒に作ろうと言いつつ日にちが合わないままだったのですが、昨日やっと開催することが出来ました。

今日の課題はこないだの日本で買ってきたネックレスキットの制作。

今までは大小のビーズを通した簡単なものしか作ってなかったというサンドラ。
パーツもチェーンもビーズもすべてセットになった日本のキットを見て大興奮[:ラッキー:]

要領を得るまではテーブルやソファーの下に細かいパーツを落としたりで
大騒ぎしながらやってましたが、そのうち二人ともそれぞれの作業に没頭。

1時間ほどでこんなの出来ました~!

その日はお天気の悪い寒い日だったため、その後、サンドラが招待してくれた温泉へ[:温泉:]

サンドラの住む地域は温泉街として有名で、しょっちゅう来ているのにわたしはまだ一度もここの温泉に入ったことがなかったんです。

着いたところは立派なホテル。

公共の温泉っぽいものを想像していたら、、ホテルのスパでした!
平日の夕方だったこともあり、スパは貸し切り状態。

温泉はちょっと塩っぽくて硫黄泉だそうです。お肌に良さそう♪
浸かって、休んで、サウナ入って、気がつけばすでに3時間経過。

なんと仕事帰りに夫ちゃんがお迎えにまで来てくれて帰りは楽々。
今日はとってもいい一日だった~[:ラブ:]


スイスのお鍋といえばこれ。

我が家は野菜もシーフードも盛りだくさんのジャパニーズスタイルでいただきます。


週に数回わたしはチューリッヒにある某日本ブランドのお店で販売のお仕事をしているのですが
先週月曜日、夕方ごろ普通に接客をしているとアジア人男性が入店。
”Hallo”(ドイツ語のハロー)と声をかけてビックリ!!日本に住む友人だったのです[:!:]

年明けすぐにもらったメールでは「1月にヨーロッパ旅行を計画中」とは書いてあったものの
予定は未定とのことだったので、決まったら教えてねってメールのやり取りで終わってました。
それから1週間も経たないうちに来るなんて~[:びっくり:]

しかも日本からスイスに着いて、ホテルに荷物置いて、お店の場所まで迷って、やっとの再会。
わたしは驚きのあまり彼がお店に立ってるのをボケーっと眺めてしまいました[:たらーっ:]
その後、お店まで迎えに来てくれてた夫ちゃんにももちろんサプライズ!
突撃訪問でしたがすっごいうれしかった[:ニコニコ:]

その彼にスイス滞在中に行きたいところを聞くと
スイス人建築家ル・コルビシュが造ったロンシャン礼拝堂とのこと。
スイスBaselから車で1時間ほど北西へ上がったフランスの小さな街にあります。
わたしの周り(日本人友人)には人気で、何人かの人から聞いていた場所なんですが
わたし自身は、まぁついでの時に。。なんて思ってた場所なんです。

ちょうど木曜日に夫ちゃんはお休みだったんで、行ってみようってことになったものの
残り2週間半をイタリア・ギリシャ巡りに当てていた友人はその日のフィレンツェ行きチケットを取っていて、その最終便がチューリッヒ15時というかなりタイトなスケジュール。
ルート案内が表示する片道2時間15分にちょっと余裕を持って朝7時に家を出る事にしました。

行きは途中までスイスイ順調だったものの、後半慣れないフランスの高速道路に四苦八苦。
高速降りてからも迷いに迷い、1時間ほどロスしてようやくついたのは11時でした。

高速降りた辺りからなんとなーく嫌な予感のお天気。
走れば走るほど、霧がどんどん濃くなってく~[:ムニョムニョ:]

で、やっと目にしたのがこれ

ネットでもいろんな写真を見たけど、こんな霧に包まれたの初めてみた。。。
開館10時ってことなんですが、わたしたちが11時過ぎについて初めて職員さんがチャペルの鍵を開けてくれました[:たらーっ:]

中に入ると、静かで(当たり前ですが、、)たくさんの小さな窓から入る光がすごく神秘的。
写真で見るよりも何倍も何十倍も魅了されました。

小窓の一つひとつも可愛かったな~

建物の大きさに圧巻されましたが、見る向きが変わると表情もガラッと変わるのも面白い。

ほんの50分ほどの滞在でしたが、礼拝堂はしっかり見れたしかなり満足[:拍手:]

帰りは迷うことなく無事チューリヒ中央駅までお見送りできました!

今頃イタリアのどこかで旅人なTくん。残りの旅もしっかり満喫してね~[:おてんき:]